ナチュラルで決まる骨格に合わせたブローベーシック

K-two / 天野 セイヤ

ポイント1

顔型をチェックして全体のフォルムバランスを考えてハンドブロースタート。ドライで大切なのは手順。前髪⇒トップ⇒全体の根元⇒毛先。

ポイント2

ブラシワークでは根元を起こす部分と寝かす部分を考えてブラシを入れていく。特に出っ張りの強いハチ部分はタイトに抑えて、トップの部分は根元を起こしてボリュームを出します。そうする事で頭の形にメリハリが出て小顔効果がアップします。

ポイント3

前髪の根元の生えクセ+毛流れをチェック。流す方向と逆にテンションをかける事でボリュームが出て、ふんわりとした流れやすい前髪を作る事ができます。