透明感と暗さを兼ね備えたグレージュカラー

apish / 岡田 晃忠

ポイント1

【透明感・抜け感を作るベースカラー】ハイライトを細かくたっぷりと入れて通常の退色毛にベースを作っていく。

ポイント2

【ベースカラー・アンダーカラーに対するレシピ設定】アクセントカラーのブルーで根元の赤味を抑えて、バイオレットでコントロールする。

ポイント3

【アイロンワーク後のカラー毛】ハイライトがたっぷり入っているのでストレートはもちろんウェーブヘアの時に、より透明感と柔らかさを演出できます。