10年愛され続けてきたハーフブリーチを解説!

suburbia / 黒柳 剛

ポイント1

ブリーチ不使用。ライトナーで作る、光を味方につけた、ダメージ最小限の " 透ける " 外国人風色素薄め。

ポイント2

ダメージ、色味、明るさを判別し、塗布エリアを分け、その箇所に合わせてたレシピを決定する。

ポイント3

各エリアごとの赤みを見極め、それぞれの赤みを打ち消すレシピを決定する。