特集vol.005:ハイライトのデザイン展開

外国人風カラーやグラデーションカラーの流れを作り、お客様へ今までにない刺激を提供し、顧客化に繋げる事が得意なsuburbiaではどのようなカラー提案を実践しているのか?

ブリーチに抵抗のあるお客様へのアプローチと、次回来店した際にハイライトが伸びた方へのデザイン提案の計2パターンを連動して学べる内容です。

具体的には、失敗しにくいブリーチのコツ、アシスタントと連携がとりやすいハイライトの入れ方などの基礎部分、お客様に次回も任せてもらえる為に必要なデザインのバリエーションが学べます。

色素薄目のヘアカラーに飽きたお客様が増えるなか、1歩差をつける繊細なハイライトを身につける事でお客様へアプローチの幅を広げましょう。

① 【ウィッグ】ハイライト初心者への外国人風グレージュ提案「ミルフィーユグラデーション」
② 【モデル】ハイライトが伸びた方へのデザイン提案「フリンジグラデーション」

デザイナー紹介


suburbia / 黒柳 剛

都内有名店を経て、オープニングメンバーとしてsuburbiaに参加。
トップスタイリスト&ディレクターとして培ったセンスで、教育からプロモーションまでマルチに活躍。技術とコミュニケーションに定評があり、「新規リピート90%」を達成。
現在はsuburbia代表として、サロンワークのみならず、「ヴィジュアルのディレクション」「外部講習」など活躍の場を増々広げている。

この特集に関連する動画

過去の特集記事