毛先に厚みを残した今風ロングレイヤースタイル

Tierra / 三笠 竜哉

ポイント1

アウトラインの前上がりはサイド30°にして重みを残す。

ポイント2

トップのレイヤーをフロントに大きくダイレクションをかけてバックを長めに残し、アンダーに重みを残す。

ポイント3

毛先を先細りになるようにセニングで全体を丁寧に毛量調整する。