失敗しにくいパーマ基本理論

ANTI / RIKUSHI

ポイント1

【回転数】によって形状が変わります。1,5回転でCカール、2回転でSカールになります。

ポイント2

【カールの方向性】フォワード、リバース、平巻き、逆巻き、と種類がありデザインによって使い分けます。

ポイント3

【巻き方】軽さの入り方によって巻き始める位置が変わります。その他、髪質と薬剤選定に関して。