【撮影スタイル】基礎の3パターンを モデルに落とし込んだ撮影スタイル

suburbia / 杉下 恵里子

ポイント1

スタイルのシルエットになる耳下~えり足の毛先の方向性の大切さ。自分の作りたいスタイルにもよるが、この部分の毛先の方向性がスタイルの安定感を生み出す。

ポイント2

耳上フロントの重要性。顔まわりの土台である耳上3cm程のスライス部分は、波打ちウェーブでしっかり形をつける。この部分もスタイルの内側のシルエットを作る重要な部分である。

ポイント3

表面のつながりを縦ウェーブでぼかす。波打ちウェーブで作った表面は一定の形になりやすく、いかにも巻いた感が残りやすい。スライス間をつまみ細目の縦ウェーブを入れることで、全体がほぐれてクセっぽいラフさが加わる。