SNSで人気の切りっぱなしボブ

RODGE / 加納 竜也

ポイント1

【ライン設定】ボブスタイルで1番大事な部分です。骨格や顔の形を考えて決めていきます。丸顔やエラハリのホームベース顔などは、前下がりの角度を急にしたり、面長の場合は角度を緩やかにするなど、似合わせのキーポイントになります。

ポイント2

【グラセニング/セニングの使い方】ただ量を取るのではなく、髪を流したい方向にコーミングしてからグラデーションになるようにセニングを入れていきます。そうすると自然に内巻きになります。

ポイント3

【根元のコーミング】根元を毛流れに合わせてコーミングする事で、カットの際に自然に落ちる位置で、ノーテンションに近い状態でカットができます。