ワンカールパーマで作るナチュラルスタイリング

GUZZLE / 中川 淳也

ポイント1

ロッドの回転数&テンションに気をつけてイメージ通りの仕上がりにする。テンションをかけ過ぎるとダメージを受けやすくパサつく。回転数が多いとふんわりよりガーリーなイメージになりやすい。

ポイント2

ボリュームを出す&抑える、をイメージしてワインディング。そうする事によりドライだけでシルエットがきまりやすい。パーマをかけていない所に馴染むようにする為に、先にロッドアウトするのも1つのポイント。

ポイント3

スタイリング&ドライは、揉みこんだりせずナチュラルに。束感&立体感をだすならハードワックス、柔らかくナチュラルなスタイリングをするならソフトでファイバータイプがおすすめ。