日本人の骨格に合わせた奥行きのあるアシンメトリーボブ

その他のサロン / 土屋 佑児

ポイント1

頭の形を意識したフォルム作り。独立したセクションで作るバックの丸みやフィット感

ポイント2

フロントサイドのみでみせるアシンメトリー感。耳周りの細工でつくる透け感や抜け感。レザーを使って毛量調整をしながらのフォルム作り

ポイント3

軽さで作らない、毛先の表現やずれ感。トップでの質感作り。似合わせのバランスでつくる丸みと奥行きを考慮した前髪作り